アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ありそでなさそな本気モデル Morris(モーリス)G-15 手に入れれる今がラストチャンス?

「在庫限り」等という言葉に弱い人も多いはず。
今を逃せば、手に入れることができない...という焦りが
購買意欲を掻き立てるのか。

しかしながら、気に入ったもの
いいな...と思ったものであれば、それを逃せば
もうおしまい

だから気の迷いではないはず...です。

長いネタふりはさておき、
そんな生産完了モデルの中、焦りを駆り立てるモデル。
それは



Morris(モーリス)のG-15。

上記の広告にあるように「本気のエレアコ」と
銘打たれたブラックのモデル。

『ありそうで、ない』

そんなモデルに思えるまさしく本気のエレアコ

まず黒に見えるそのカラー。
が、「ミッドナイトオーシャン」と呼ばれるその色は
ステージのスポットにあたると濃紺に妖しく光るはず。

サイドとバックに使われているその材。
「パープルウッド」と呼ばれるその材は、
同じマメ科のローズウッドと見た目が似ているものの
より高音域よりとの事。

本気と感じるかどうかが人それぞれですが
有名ブランドの有名モデルのコピーよりもオリジナリティを感じ
カッコいいなぁと。

『余裕さえあれば、このラストチャンスをモノにしたい...。』

やはりそんな欲望がふつふつと盛り上がるモデルですね。