アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

同じ大きさ、同じ形でも異なるその特性 アコギにまつわる出番や得意分野は異なる「電池」

先日購入したプリアンプ&エフェクター「ZOOM A3」
マニュアルを見ながら思った事が。

「A3」はACアダプタから電源を取ることができますが
当然ながら電池でもOK。で、その使う電池は単三電池4つ。
こういった機器には、電圧が高い四角の9V電池が多いなか
どこででも手に入れれる単三は便利。

その電池、「A3」にはどのようなタイプの電池かを
セッティングするパラメータがあるのを発見。

・アルカリ電池
・ニッケル水素電池


上記2つからの選択。

この電池の違い。
後者が充電できるというのは当然ながら電池を見ていると

電圧の違い

に気が付きます。

アルカリは1.5V、愛用しているエネループは1.2Vで
少しニッケル水素の方が電圧が低いわけ。
その電池特性に合わせた設定を組み込むなんて...

効果はともかく好感のもてる対応

ではありませんか。

さて、選択肢になかったマンガン電池
安価ですが、このような機器には適さないのか?

いや違うよう。

僕が所有するエレアコ「WY-1」の9V電池は

DURACELL PROCELL 9V電池 プロセル9ボルト電池

DURACELL PROCELL 9V電池 プロセル9ボルト電池
価格:455円(税込、送料込)



コチラ↑↑を使っているんですが、
別で何かいいものを無いものか...と以前検討した際に読んだ記事。

『マンガン電池こそがエレアコに最適』

アルカリ電池は、瞬発パワーが必要な機器でこそ、有効。
エレアコのような、静態的な機器にアルカリを使うのは不適。マンガンが最適。


なんだとか。
確かにリモコンや時計などの、パワーがいらないモノには
マンガン電池があっている...とよく聞く話。

いや~値段が高いので
アルカリ電池がいいのだろう...と信じてやまなかった自分に反省。

人もモノもその特性に合わせて評価されるべき...ですね。

※参考サイト:「エレアコの電池って、入れっぱなしにしておくとダメなんでしょうか?」