アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ドレッドノートはいいものだ クラフトマンからプロ...そして僕まで虜にするそれぞれの魅力

K.YAIRIのオフィシャルブログを読んでると
クラフトマンの道前氏が

ドレッドノート

について下記のように

大は小を兼ねる、とまでは言い切れませんが、やっぱりいいものだ

とのコメントを。

ドレッドノート」。
イギリス海軍の戦艦の名からきたそのスタイルは
アコギの中では最も大きなサイズの一つであり
僕も最も好きな形でありサイズ。

例えばミニギターというのは
利用する場面が限られている...という事があるもの。
そういった意味で、普段のシーンにおいては
最も使いやすい!...と思ってます。

というのはリスペクトする先輩からの受け売り

プロとしても活躍されている先輩が言った言葉

『僕らはいざという時に音を鳴らさらないといけない
そういった意味で一番ドレッドノートが仕事しやすいんだ』


99_My k.yair

一番左の「YW-K13-MAP」を購入した時には
この言葉に心酔してた事もあり、ドレッドノート以外は眼中になし(笑)。

まぁ先輩のおっしゃる事って、端的に言えば道前氏の

「大は小兼ねる」

って事。作る側・プレイする側からも信頼の形なんでしょう。
ちなみに、見た目重視派の僕。


たとえ華美な装飾がなくても美しく感じて、

うっとりしてしまう機能美

とプロに並んで絶賛したいものですね(笑)。

※参考サイト:K.YAIRIオフィシャルブログ「ドレッドノート」