アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

一番のない二番手ピックからの脱却へ ベストマッチ探しへの旅再び【人のうわさ編】

ベストマッチのピック探し。こればっかりは、

自分で探して弾いてみて見つけるしかない..

とつくづく感じる次第。

アコギのようにお金も置き場所も必要のないピック。
気軽のどんどん試していけばよい!

...と偉そうに言いながら、
色々試してますがまだコレっていう一番手がない状態。
いや、おそらくずーっとないのではと。

数年前までは、プロが使用しているピック...
そしてレビューを読んで思案してた僕が、
触って弾いてが一番!と気づかせてくれたのが

JIM DUNLOP TORTEX TRI OR×36枚

JIM DUNLOP TORTEX TRI OR×36枚
価格:2,592円(税込、送料込)



ジムダンロップ トーテックストライアングルのピック。

このピックはコブクロ小渕健太郎氏が
使用しているピックとされ、楽器店でも

『あのコブクロの小渕氏使用!!』

と「!」が二つもついたPOPに思わず飛びついたモノ。
が、しかし

『こりゃ~あかん』状態(汗)。

トーテックスという材料は
表面が少しザラザラして滑りにくい...というレビューを
何回か見てましたが、ザラザラはそのままも

あまりの滑りやすさ

に閉口(実際滑りやすいとレビューされる方もいますね)。

あとそのざらつき感からか
弦にひっかかる感が残りながら、0.6mmという薄さから
アタック感も乏しく激しく弾けばフニャっとした感じ。
とにかくクセのあるピックだなと。

...とこれが僕の感想ですが
第一線で活躍しているプロのアーティストが
愛用しているように、その個性の強さこそ魅力って方も。

手触りやタッチなんて人それぞれで好みも違うもの。
以来レビュー内容や誰が使っている...なんてのは
選択するにあたってのパラメータにはせず、情報にとどめてます。

ピック探し...目的地が自分でもわからないだけに、
永遠の旅路となるかもしれないですね。