アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

トラベルギターの代名詞 Martin(マーティン)バックパッカーを選ぼうにも選べなかった理由

私事で恐縮ですが、
職場の皆様と旅行に行こうかという話が。
大人数で行く旅行は大変だなと思いながら楽しいもの。
まだまだ先の日程ながら

行き先の観光スポットをチェックするもの
グルメスポットを探しているもの
着ていく服等をアレコレ考えているもの

休み時間には各々チェックに入っているようです。

そして

トラベルギターを探している人も(笑)。

後輩から、ギター持ってきて
色々楽しみましょうよ...とか歌いましょうよ...とか
おそらくリップサービスに違いないとわかってながら
探してしまうこの悲しい性(さが)。

ちなみにトラベルギターは運びやすいギターで
屋外に持ち出しやすいギターってニュアンス。
小さいっていうよりも

細い

ってのがトラベルギターのイメージ。

MARTIN 《マーティン》 Backpacker Steel

MARTIN 《マーティン》 Backpacker Steel
価格:33,480円(税込、送料込)



コチラ↑↑のMartin(マーティン)BACKPACKER(バックパッカー)が有名ですが
どうしてもヤイリギター社ファンの僕は



コチラ↑↑TEKTEKも当然チェック対象。

バックパッカーってなんて言ってもMartinだしオール単板。
なのにTEKTEKより1万円安いんですよね。
ちなみに両方を試奏し「音」を比較した場合
バックパッカーの方がハリがあり好みなくらい。

が、自分にとってダメな部分がバックパッカーにはあります。

それはボディのあまりの細さ。
それがトラベルギターを実現しているボディなんですが
フラットピックのアルペジオやスリーフィンガーで

小指をボディに添えて固定

しながら弾く僕にとって、固定する場所がないんです(汗)。
いや頑張ればありますけど、弾きながら

肘カックンならぬ、小指カックン

になりそで、こりゃーいかんでした。
...というわけで、旅行の御供もK.YAIRIで。

いや、その前に会社の旅行に持っていくなんて

止めておいた方が無難か。

それがきっとベストチョイスでしょうね。