アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Ibanez(アイバニーズ)からミニ以上に小さいアコギが!エキゾチックでなくても伝統は継承

大好きなミニギターに、年末へ向けて
非常に気になるモデルが発売されるとのニュースが。

『IbanezのEW をもとに小さくリサイズしたEWP15LTD』

基となった「IbanezのEWシリーズ」。
EWとはExotic Wood(エキゾチックウッド)から来たモデル名。

以前このIbanezのEWシリーズについて書いたように
見た目が派手目なエキゾチックウッドが利用されており
このEWシリーズは「Movingui(モヴィンギ)」材を利用。

で、注目の今回発売されたコチラ↓↓のモデル



トップ材スプルース、サイド・バックがマホガニー...?
それほどエキゾチックでないよう。

というよりも、注目すべきはエキゾチックがどうかでなく
まずはサイズ。432mmスケールという短さ。
これは通常のミニギターよりもかなり短いですね。
それゆえレギュラーチューニングが、5カポ状態との事なので
ウクレレと同じチューニング。
6弦ある鉄弦のウクレレと考えられなくもないか。

とはいえ、そのようなモノがいかにもウクレレっぽいのに対して
EWシリーズをそのまま小さくしたフォルムがいい!

11月下旬発売予定とのこと。
サンタクロースにお願いしても許してくれそうな価格も魅力ですね。