アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

幾多のコピーモデルが存在するGibson 音まで及ばないのは個性的からか無個性からか

一杯飲んできた今日。ネットでアコギを眺めていると
目に飛び込んできたのが



ワインレッドのK.YAIRI

「JY-45BE」のカスタムモデルは何といっても
そのワインレッドカラーとL.R.BaggsのピックアップELEMENT VTCが
装備されている魅力的なモデル。

そのモデル名からも、Gibson(ギブソン)のJ-45の
コピーモデルであり、使用されている材も

トップ:スプルース単板
サイド、バック:マホガニー単板


というなればスペックは同じ。

ですが、このカスタムモデルは弾いた事がないものの
この「JY-45」は見た目とは裏腹に

全くもって「Gibson J-45」って感じはなく
思いっきり、K.YAIRIの音してます。

このようなモデルを見る度に、
アコギってのは材がどうだこうだと言う前に
以前少し書いた仕上げの感性によるものだと感じる次第。

思えばGibsonの音を例えるとき
「土くさい」「固まった」など、わかりにくい表現をする人や
なかには「鳴らないのがいい」とおっしゃる人も。
僕はアコギと言えば「ジャラ~ン」という擬音でのなかで
Gibsonには「ダーン」って擬音が浮かびます。

このあたりが、Gibsonの凄いというか
人気のあるところかなと思うところ。
K.YAIRIなんかは、ある意味誰でもその音の傾向に対して
一定の方向性を感じますが、Gibsonはさにあらず。

色々な表情を持っているのか...
人によって異なる印象を与える奥深さなのか...


いずれにせよ、コピーが難しいブランドには間違いなし.
なんて言っても本家であっても

ハズレが多い

なんて言われているくらいですから。