アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

「Ibanez(アイバニーズ)」最高峰モデル『AEシリーズ』 生音にこだわったそ数々の機能

オーソドックスなArtwoodシリーズやデザインがユニークなAEWシリーズ等を
ラインナップするIbanez(アイバニーズ)」から新たなラインナップが。

最高峰シリーズと意気込むそのモデルは
値段もメーカー希望小売価格25万オーバーという価格もさることながら
随所にその気合が感じられるシリーズ。

その名も「AEシリーズ」

Ibanez AE900-NT 【11月下旬発売予定/ご予約受付中】

Ibanez AE900-NT 【11月下旬発売予定/ご予約受付中】
価格:243,000円(税込、送料込)



正面から見た「くびれ」がバランスよく
それでいて胴厚もドレッドノートからわずかに薄い4.5インチというから
エレアコだからと生音に対して妥協のないその姿勢が好感。

このモデルには専用のブレーシングが採用され
それを日本の職人によって丁寧に仕上げられたモデル...というのが
メーカーの専用サイトからも見て取れます。

しかしそのモデルへのこだわりも最も気概を感じるのが
ピックアップ(PU)システム
なんとこのAEシリーズ本体に備えているのは、ミュートスイッチのみ。
で、ボリュームなどの各調整は

「アウトボード・プリアンプ」

を利用するとのこと。

アウトボードプリアンプ

コチラ↑↑を採用することで、調整等の操作面の向上だけでなく
これを本体から排除することで、

本体ボディへの加工部分を減らす

という試みによるもの。
当然それは生音をスポイルしないように考えられた一つの答え。
これは一つの方向性を示したと考えてます。

11月下旬から発売との事。
ぜひその作り、こだわり、そして生音とラインを通した音を
体感してみたいモデルですね。

※参考サイト:アウトボードプリアンプが付属するIbanezの最高峰シリーズAE900&AE800