アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

驚愕のギターケースにアコギ用が発売 そんなVisesnut Premiumケースに入れるアコギとは?

高校時代に始めて購入した「YAMAHA FG-300D」。
これには専用のケースがないため、
購入した某M木楽器店でハードケースをつけてくれたものを利用。

ちなみに周りのほとんどが、同じ楽器店で買っていたので
ケースだけ見ると、すべて同じアコギに見え
それが並んでいると、その一体感にちょっとした安心感が。

とは言え、ステッカーやらを貼り差別化を図ってたんですが
二年になった時、入ってきた後輩のケースが

YAAHA純正のコチラ↓↓。

ヤマハ ギターケース APXD

ヤマハ ギターケース APXD
価格:21,600円(税込、送料別)



正式には違うと思いますが、このケースの面構えに
どれくらい凄いプレイをするのか...と気後れしたもの。

そんな面構えだけで、気後れさせることのあるケースですが
その最高峰といえば



Visesnut Premium(ヴィセスナット プレミアム)のハードケース
コチラ↑↑は凄い価格と凄い面構えですがクラシックギター用。

この凄いやつに、アコギ用が発売されたとのニュース

ドレッドノート用、OM/OOO用がラインナップされるとの事。
従来の面構え、機能そのままに、価格も凄いもの。

僕の場合、アコギ本体とケースとのバランスから
本体の10分の1の価格がケース価格と考えると
このケースに入れるアコギは

『ひゃくごじゅ~まん?』

僕が持っているアコギの場合、本体より高いケース。
確かに「YW-1000」をはじめ、思い出とともにその価値は

「プライスレス」

とはいえ、尻込みしちゃうこと間違いなく
残念ながら選択肢にも入ってこないですね(汗)。

※参考サイト:高品質ギターケースVisesnutにドレッドノート用、OM/OOO用がラインナップ