アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギのストラップと言えばループ式がベストバイ? 実際にプレイして感じたい硬さと弾性力

所有しているアコギは3本で、ライブだけでなく
自宅練習のほとんども立ってプレイする僕にはストラップが必須。

で、そんな事もあってほぼストラップを装着したままで
それぞれのアコギには専用のストラップを装着してます。

例えば「WY-1」にはコチラ↓↓を。



そして、「YW-1000」にはコチラ↓↓。

K.Yairi KYS-3800 [ストラップ]

K.Yairi KYS-3800 [ストラップ]
価格:4,320円(税込、送料別)



僕の場合は、ストラップをボディヒール部分のストラップピンをつけるのでなく
ネックのヘッドにくくりつけて使うので、上記二つは装着方法が異なります。

前者は紐をヘッドに結んで装着
後者のK.YAIRIのストラップはループ式となっておりヘッドにそのまま装着。

アコギ用と考えれば、後者となりますがループ式が便利と思われがち。
ですが、よくよく使っているとそうとは言えない部分がループ式にはあります。
それは「YW-K13-MAP」に使用しているコチラ↓↓

LIVE LINE LA3000CHO ギターストラップ

LIVE LINE LA3000CHO ギターストラップ
価格:2,680円(税込、送料込)



のループ式。このストラップの素材が硬いんですが
その硬さゆえに立って弾いている際、

「ストラップの弾性力」

アコギの下の方を前へ突き出す感じがあるんですね。

この違和感を言葉で表現するのは非常に難しく
突き出すといっても、感覚のようなものですが
その感覚が身体に伝わり、結果弾きにくいと思わせます。なので、

紐縛りタイプか柔らかい素材のループ式

がベストマッチではないかと。
そんな事情から「YW-K13-MAP」の次のアイテムは



黄麻素材のコチラ↑↑なんか、つや消しの「YW-K13-MAP」には
ピッタリの予感。新発売のこのストラップ、非常に魅力的ですね。