アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギ弦の選択要素と言えば「音色」と「耐久性」、そして改めて消耗品としての重要な要素

アコギ弾き語りをする人にとっても一番の消耗品は

間違いなく「弦」

ではないかと。

その「弦」への求める価値。
一つは『音』の良さであり、もう一つが『耐久性』と言えるはず。

・自分の好みの音の「弦」を探すこと
・へたりの少ない「弦」を探すこと


この二つの機能に対して、どれだけ自分に合うかが
「弦」探しの大事な要素。

しかしながら考えてみれば、後者の要素である
『耐久性』を重視しすぎるのはいかがなものか...と誰もが思うこと。

「弦」の役目は、長く使える事ではなく
「いい音(自分の好みの音)」を奏でる事であり耐久性重視したり、

へたるのを気にしてあまり弾かない

なんて言うのは本末転倒。

そんな事を思いながら、コチラ↓↓弦を改めて見てみると
消耗品らしいその潔さに、好感を持つ方もいるのでは。



10セットにして税込2,500円弱!

1セットでもこの価格する弦がある中この価格はかなり嬉しいもの。
そうかといって、

音や耐久性が10分の1ではない

はず。そしてほぼ確実に言えそうなのは

10倍練習できる

ということであり、この部分に非常に価値を感じます。

ライブ本番で使いたいかどうか、まだ使用してませんので
コメントできませんが、ガンガン練習用として使いたい。

改めて「価格」という要素のインパクトに興奮しちゃいました(笑)。

※参考サイト:イケベオリジナル弦、その名も『イケベ弦』が登場!