アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ミニギターにおけるスタンダードへ 定番美へ昇華するのかこの大きさ、そしてこのスタイル

ミニギター系をいつものように色々と物色してると
ある意味凄いなと思えるアコギが目に。



『a Nue Nue(アヌエヌエ)』という台湾系のブランドのようで
ウクレレでは結構有名なよう。

で、なにが凄いかって
あるアコギにあまりにも似ているから。

おそらく多くの方も、上記のアコギを見て
あるモデルが頭に浮かんでられることでしょう。
ソレと比較すると
カッタウェイ化されているので、厳密にはフォルムが違いますが
見た目の印象は、やはり...



K.YAIRIのノクターンっぽいかなと。

ただここで言いたいのは、
真似した真似されたという議論ではなく
この形状は理に適っているのかなという事。

例えば愛器「YW-1000」も
Martin(マーティン)ドレッドノートのコピーですが、
そこまで定番になればコピーなどというのを超えた
定番の美しさがあるもの。

このスタイルもその定番の美しさまで成長しないものか。

大好きなこのスタイル、この大きさだけに
コピーモデルだとか、真似したとか真似されたではなく
そんな事をが頭によぎった

ある意味凄いアコギ

でした。