アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

Ibanez(アイバニーズ)のクリスマスプレゼントは少し変わったモデル達 あなたは何が魅力か

いよいよ年の瀬という感じ忙しい世間ですがIbanez(アイバニーズ)から、
エレアコのニューモデルがライナップされるとのニュースが。

いくつかモデルが同時発売のようですが
そのモデルそれぞれが、なかなか変わり種。

まずは見た目で勝負!のモデルが

Ibanez AEW16LTD1-NT [SPOT MODEL] 【12月25日発売予定】

Ibanez AEW16LTD1-NT [SPOT MODEL] 【12月25日発売予定】
価格:69,660円(税込、送料込)



目に飛び込んでくるツートンカラーはウォルナットとメイプル材
とを組み合わせたMulti Wood Mosaic(マルチウッドモザイク)
これは生音に期待して買うのではなく見た目に惚れて買うべきモノ。
試奏してってより購入される方は一目惚れでしょうきっと。

続いてはファンフレットエレアコ

Ibanez AELFF10-NT 【12月25日発売予定】

Ibanez AELFF10-NT 【12月25日発売予定】
価格:81,000円(税込、送料込)



フレットの並びを見ているだけで、
目をこすっちゃいそうなファンフレット。

フレットが扇みたいに広がる=各フレットが真っすぐでない

その見た目の効用は、6弦など低音弦でスケールが長くなり
ドロップチューニング時にも、テンションが稼げるのが魅力。
その用途を多用する方は、一考されるべきモデルか。

最後が、オールマホガニーのコチラ↓↓。

Ibanez AEG12II-NMH

Ibanez AEG12II-NMH
価格:40,500円(税込、送料込)



やや小ぶりなボディのコチラはかなりのお手頃プライス。
はっきり言うと僕にはコレが一番魅力的。
それは、おそらく最初の見た目、二番目のファンフレットよりも
小ぶりそしてお手頃ってこともあり

お手軽に弾ける

というのがいい。
例えばマルチウッドモザイクとピックアップ(PU)やプリアンプは
同じセッティングのようなので、この価格差はいかにお手頃かということ。

「マルチウッドモザイク」「ファンフレット」...という
ギミックのような魅力よりも、僕にはわかりやすい

安いが一番

のよう。

それぞれの発売は12月25日とのことですから
Ibanezからのちょっと変わったクリスマスプレゼントですね。

※参考サイト:Ibanezより、アコースティックギター・ベースのニューラインナップ登場!