アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

『今年の汚れ、今年のうちに』アコギ用クロス 定番ものから変わり種までを考える

この時期の時節ネタの一つ。

『今年の汚れ、今年のうちに』です。

我が家の例にもれず暮れは大掃除は実施。
ほぼ自分の担当は終わったので、明日大晦日は

愛器のアコギ達の汚れ

を退治し2016年に備える予定。

ちなみにメンテナンスと言えば、弾き終わった後
クロスで拭き取る程度で、ポリッシュやオレンジオイル等を
ほとんど使いません。

ボディーや塗装に悪い影響を与えるかも...という
懸念が頭にありますので、ネックの側の汗や油やボディ側の埃除去がメイン。
ですのでクロスは結構酷使。

愛用のクロスは以前コチラに書いた『ミクロス』

ギター専用クロスではないもの
値段といい機能といい文句のつけようのないクロス。

とは言いながら、暮れの大掃除前にクロスを物色中に
ちょっと浮気しちゃいそうになったクロスが2点程(笑)。

ESP CL-8 Gloves Croth クロス RED/ORANGE/YELLOW

ESP CL-8 Gloves Croth クロス RED/ORANGE/YELLOW
価格:822円(税込、送料別)



まずはグローブ型クロス。
両手にこれを装着すれば、指紋をつけることなく磨き上げれそう。
お宝鑑定番組でよく見るように大事なものを扱ってる感もグッド。
といっても僕のアコギは、すべてガンガン弾くためのもの。
観賞用なんてないので、無意味ってすぐに気づきました。

で、もう一つが

ATELIER Z Head cover cross BK ギター/ベース用 クロス

ATELIER Z Head cover cross BK ギター/ベース用 クロス
価格:1,080円(税込、送料込)



ヘッドカバーを兼ねたギタークロス。
ケースに入れているとき、ギタースタンドに立てかけているとき
にヘッドにかぶせておけば保護可能。
で、手を入れてグローブタイプとして利用。
あと小物入れとしても使えるか?

ってなわけで、コレは買っちゃいそうなんですが
現在同じようなものを、スーパーやら物色中です。

ありそで、そして誰もが気づきそなアイテムですが
こうして見ると魅力的なものってあるんですね。