アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギの見た目とバランス「小顔」か「頭でっかち」か そんな要素で選ぶのもありかな?

新年早々から新モデル発売のニュース
カナダ発のSeagull(シーガル)から3種類のピックアップを備えた
非常に重宝しそうなモデル達。

Artist Cameo Cutaway HG Element.jpg

『フィンガーピッカーの方たちから一定の評価があって...』
なんてニュースの記事には書いてます。真意はともかく
何度か弾かせていただいた事もありますし
その評価に何も言うつもりはないんですが

『ちょっと違うんだなぁ~』

と思っちゃっています。

いや音色は、綺麗な上品な軽快な感じって思いますが
そう言っているのは見た目のバランス。

ヘッドが小さい

のがネックのがっしり感と相まって
好みでないわけです。

楽器としては、このバランスでなくてはダメなのかもしれません。
が、やはり見た目のアンバランス(と僕には見える)のため
手に入れようとは思わないんですね。

人間の場合、モデルさんなんかは小顔な頭小さい方が
いいようですが、アコギは頭でっかちがいいってのが自論。





頭でっかちに見えるといえば、Epiphone(エピフォン)とARIA(アリア)
このデカ頭ってアンバランスの中のバランスで感じで大好物。

アコギ選択において「音」は当然の要素なれど
やはり弾いていて「いい音だ!」と感じるのと同様に
「カッコイイ!」と思えるのも重要

好きな頭のサイズで選ぶのもアリでしょう。きっと。

※参考サイト:Seagullよりバリエーション豊かなニューラインナップ 3モデル登場