アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

自分のこだわりだけで完成形を目指せること アコギ弾き語りの魅力であり最大の難関なり

「アコギ弾き語り」という言葉を使うように
弾き語りという事にはそれなりの思いが。

一人でアコギと弾きながら歌うスタイルは
ともすれば単調になると思われがち。
ドラムやベースのリズム体があるわけではなく
リードギターのようなものがあるわけではなく、

伴奏のアコギとヴォーカルのみ

これを単調と考えるか、面白いと考えるか。

高校時代からバンドに参加した事がありますが
やはり僕は弾き語りがしっくりって感じ。

それはリズムもメロディーもアコギ一本で表現できるという世界。
この世界に奥深さを感じるから。

音の強弱そしてテンポなど自分で作り出せるのは
弾き語りならではの醍醐味。
バンドで複数人で一つの音楽を作るという楽しさよりも
その醍醐味に魅了され続けてます。

例えばオリジナル曲をライブでやる際
はたから聞いていてわからないとは思いますが

少しずつ弾き方やテンポを変える...

という少しの挑戦と変化を。
これはその曲の完成形へのあくなきチャレンジですが
その完成形が

自分自身だけのこだわり

だけで決めれるのも、最大の魅力。

現在やっているオリジナル曲はできた当初から
基本アレンジや構成を変更してないものばかり。...そう

まだ一曲も弾き語りでの完成形になってない

から。一つの楽器だかといって決して簡単ではないのです。