アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

いたずらに欲しがるな! 今あるアコギグッズたちでYW-K13-MAPを使える男にしてみよう!

2016年になっていよいよ愛器「YW-K13-MAP」を
弾きやすく、そしてライブでガンガン連れていく...という勝手にプロジェクト。
前回は小物のストラップ交換から入りましたが
次はやはりピックアップ(PU)の考察。

PUはそのアコギのキャラクターに合わせて
選択すべしとの話を聞くので
まずは「YW-K13-MAP」のスペックのおさらいから。

110807_1905~01

トップはスプルース単板。
サイド・バックはメイプル単板。

メイプルというのは、マホガニーやローズウッドと比較すると
ほんの少しマイナー感がありますが
Gibsonギブソン)のJ-200をはじめ人気モデルで使われている材。

メイプルの特徴としては美しい木目と「ギュイン」という硬質な音。
これに合うPUのタイプは「マグネティック」と聞いた事があるので



コチラ↑↑を以前購入し、何度か試した事が。



こんな感じ。聞いていただいたらわかるように

『エレキ臭の強い音色』

ん~これはどうしたものか...と2~3年程放置。
このままお蔵入り...と思ってましたが。ある方からの

「ZOOMのA2経由で使っているけど、セッティングでいい音するよ。」

との助言。

ZOOMのA2。あの緑が印象的なオールインワンエフェクター
残念ながら故障してしまいましたが、後継の

ZOOM A3も持ってる僕。

いたずらに新しいアイテムや機材を検討するのでなく
一度、持っているもので助言どおりに実現できないか...。

まず挑戦しようと思ったこの思いを旨に、2月のライブに望みます。