アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

洋楽音痴の僕が初めて弾いた洋楽 あのイントロの息吹を少し感じて TAKAMINE EF360GF

アコギを弾くので結構人から、音楽全般について
詳しいと思われがちですが、そうではない。
そんな人っているのでは...と思うのです。

少なくとも僕もそうで、
子供の頃は歌謡曲やアニメソング、
そして中学に入り「(日本)のフォークソング」中心の僕は
特にいわゆる

洋楽が詳しくない

です。
一応中学~高校と洋楽バンドブームってのもあり
当時人気の曲は一応押さえてましたが
その歴史をさかのぼる...ということはないまま。

唯一聞いたといえば「ビートルズ」のアルバム「HELP」までと
イーグルスあたりか。

先日そんなイーグルスのグレン・フライ氏がなくなったというニュース

そして洋楽音痴の僕が初めて洋楽を練習したのは

「ホテルカリフォルニアのイントロ」

きっと僕のような方も多いことかと。

Takamine EF360GF N 【送料無料】

Takamine EF360GF N 【送料無料】
価格:120,960円(税込、送料込)



コチラ↑↑のTAKAMINE(タカミネ)のアコギは
グレン・フライ氏のシグネチャーモデル。

そんな伝説をいっしょに生んできた名器を改めて眺めると
彼の息吹を感じるよう。

外国人アーティストの方に憧れてアコギを考えた事がないですが
あの名曲と同じく、初めて洋楽を身近に感じさせてくれる
モデルのように思えてきます。