アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

美しい音色を響かせるコードを弾くたびに引きつる指と食いしばる歯 小指を自在に操りたい

ピアノをやっている娘達の話で恐縮ですが
長女は手が小さく、大きいのが次女の方。

この手の大きさというのはピアノでは大事なようで、
指の広がりによりどこまで鍵盤を押さえる事が
できるかが影響するよう。

そういえば昔読んでた漫画「ドカベン」の
一流ピアニストでもある殿馬が、指と指の間を切り
より指が広がるようにした...という逸話を見た事が。

この指の広がりはアコギを弾くうえでも
当然大事で、苦戦させられる事が多いです。

最近「Eadd9」というコードを多用する
曲を練習することがあり、チャレンジしてますがなかなか悩ましいもの。

Eadd9

ご覧のとおりコードで、4弦を小指で4フレットを
押さえるのが苦しく...いや最初はともかく途中でバテます
何とも開放弦の響きが美しいコードではありますが
めげてしまいそう。ちなみに、超絶ギターリストのChar氏のプレイ↓↓。



テクが凄すぎるだけに、このコードの美しさを
気持ちよく感じながらプレイしてます。
僕の場合、歯を食いしばってますけど。

ちなみに小指を上手に使う人ってたまにいらっしゃって
例えば「B系」のコードの4弦~2弦を小指1本で弾かれる人を見るたび、
お手上げポーズをしちゃいます。

...とこんな悩みを抱えるかたも多いようで

『ギター小指鍛え方』ってキーワードでGoogle検索すると
でるわでるわ練習法が!

どれを採用するかは僕次第。
結果にコミットしたいもんですね。