アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

クラフトマンからの示唆 世界中の貴重な資源を使っているアコギを使う側の心構え

K.YAIRIのオフィシャルブログを読んでいますと
またまた興味深い記事が。その内容とは

アコギに使われている材と歴史

について。道前氏がおっしゃるのは

・アコギの各部には様々な木材が使われている
・それらを揃えるには幅広い地域からの調達が必要
・民族楽器とはその土地のモノを使って作られるもの
・ギターも民族楽器なのになぜ?


という事。

氏はアコギやギターの歴史については、
触れられていませんが、色々情報を見てみますと

・東洋がルーツ
・スペインが発祥の地


等の情報がありますが、我々が今触れているアコギは
やはりMartin(マーティン)がアメリカ(北米)で発展させたモノかと。

さてトップ材に使われるスプルース。
多くはシトカスプルースと呼ばれる「北米」や「カナダ」が原産地。
また、杉科のシダーは「カナダ」中心にとれるこれも北米。
『鳴り』に一番影響を与えるトップ材が
北米中心の材なのは偶然か、必然か

そんな事を頭に巡らせながら改めて感じるのは
いかにアコギというのは世界中から貴重な木材を集めて
作られているのかという事。
それはボディだけでなく、ネックやブリッジにいたるまで
最適な材、それも貴重な材を使用しているわけですから。

『世界中の貴重な資源を使い果たしているかも...』

少しそんな気持ちをもってアコギを考えると
あれも欲しいこれも欲しいと単に欲しがるだけではなく、

貴重なアコギ達をいかに使い切れるか...

これがアコギ道と気を引き締めた次第です。