アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

コラボモデルの多いEpiphone限定モデル達 お茶目に思ってしまうそのオンリーワンぶり

数々の伝説を持ちながら、現在はGibsonギブソン)傘下で
お手頃なモデルを中心に発表しているEpiphone(エピフォン)。

確かに恐ろしく鳴らない個体に出会った事もありますが
コンセプトが結構好きなブランドで
単なるプアマンズGibsonって事はないと思ってます。

またGibson同様、限定やコラボモデルを
発表されてますが、Gibsonがアーティストのコラボモデルならば
Epiphoneは楽器店とのコラボモデルが多いよう。



コチラ↑↑のイケベ楽器とのコラボモデルは
ケースからトラスロッドカバーまで楽器店が『これでもかっ!』って
刻まれたお茶目なモデル。

しかしですね。Epiphoneのお茶目さはこんなもんでありません。
思わず苦笑いしちゃったのは...



コチラ↑↑のイケベ楽器限定コラボモデル。
これはイケベ楽器しか売ってない...との事。

で、コチラ↓↓は島村楽器だけで販売されている限定モデル。



...ん?単なる色違い?

おいおい、お茶目すぎますよEpiphoneさん。
いやどちらかと言えば、楽器店の方がお茶目なのか。

いずれにせよ「限定」という言葉は
もう少し選んで使って欲しいと思うんですが...いかがでしょうか。