アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

弦交換の二つの時間短縮を考える 作業時間はツール、もう一つの時間はいかに短縮するか?

ライブ毎に弦を交換する...という方もいらっしゃるかもですが
僕はコーティング弦使用で3ヶ月程度は交換せず。

手間がかかるというのもあり
不器用なもので、失敗するのではという気持ちも
かすかにありますが、何より

時間を要する

という事が一番の理由。

この時間には二つあって
「交換する作業の時間」「馴染む時間」

前者はそのまま弦交換の作業時間ですが
これは慣れとグッズでかなり短縮が可能に。



コチラ↑↑のアイテムなどストリングワインダーと
弦を切るためのニッパーに加え、ブリッジピン抜きまである便利アイテム。
僕の場合、確かに別々にツールを持ってますので
いらないと言えばいらない...はず。
ですがツールが増えると作業中、

「アレどこやった?」

状態になることが多し。ちなみに先日の弦交換では
ブリッジピン抜きを探すのに時間を要しました(笑)。

そして、「馴染む時間」
これは弦交換してしばらくはチューニングが安定しない時間。
ライブ直前の弦交換は避け、それでいて新鮮な弦の音を維持するため
あまりガンガン弾かず...みたいな調整を。

エレキ等ではコチラ↓↓のアイテムが

Stretcha String Stretcha ストリングストレッチャ

Stretcha String Stretcha ストリングストレッチャ
価格:1,664円(税込、送料込)



時間短縮に有効とありますが、はたして効果やいかに。
この時間短縮は「弦」か「巻き方」次第か。
色々と検討したい課題の一つです。