アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

硬いかそうでないのか TAKAMINE限定モデル「TLD-M2」にまとわれたマートウッドの本質は?

TAKAMINE(タカミネ)のホームページを見てみると
特別限定モデル発売のニュースが。

一つは、シダートップでサイド・バックがコア財のモデルで
もう一つが、スプルーストップでサイド・バックに

マートルウッド

を使用したTLD-M2」というモデル。



マートルウッドって月桂樹の一種らしくアメリカはオレゴン
分布する材だとか。
そういえば、オレゴン発のブランド「ブリードラブ」
この材が使われている記事を読んだことが。
地元の材を使うなんていいなぁと思った記憶を紐解きながら
再度色々見てみますと

マートルウッドの見た目とは違って
柔らかい感じのサウンド


という評価を見ます。
実際手に取って弾いてみた事はないですが
見た感じは白っぽいメイプル系。
ですが、硬い材で知られるメイプルの奏でる
硬質な音色とは異なるとの事。

コチラのサイトでは非常に興味深く
そのマートルウッドについて語られており

かなり期待のできる材

のような気が。

さて世界限定30本の本モデルはいかに。
ちなみにメーカー側の紹介ページでは

硬質な材料であるマートルウッドは
耳あたりの良い透明感と抜け良いサウンド


との事。さぁ~硬いのか柔らかいのか。
気になるアコギ、気になる材です。

※参考サイト:池袋ブラウンギターズコラム