アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ピック初の素材「エラストマー」で登場 強くそしてまろやかなピックとの説明にロックオン

ベストマッチのピックを追い続けながら
様々な素材のピックを弾き比べて、ベストバイを探す...
そのような旅路を続けながら
結局たどり着いたのが
一番標準的な「セルロイドピック」

理由といえば、個性のある素材のほど
使うシーンが限られるから。
例えば、早いスリーフィンガー系にはコレって思っても
激しめストロークでは物足りないなどなど。

僕の場合は、曲ごとにも弾き方が違いますが
同じ曲でも、進むにつれて強弱をつけるクセがあるので
万能系がやはり落ち着くということに。

しかし落ち着けない情報が!

それはピックとしては初めて採用される素材のピックが発売とのニュース。

「セルロイド」やら「ウルテム」やら「ポリアセタール」やら
一般の人からすると「???」の横文字に
ちょっとした悦を感じる僕にとって初の素材

「エラストマー」

とは何ぞや?と思ってしまう次第。



コチラ↑↑がそのエラストマーのピックですが
「HARD」とあるこの硬さが「2.2mm」で一般的なピックと比較して倍程度の分厚さ。

さてその素材の正体と言えば
ゴム素材でありその特性を生かして

・ピックノイズ軽減
・強度が高い
・耐久性もあり
・音色もまろやか

なピックとのこと。

こんな紹介文を見てみると
弾きやすいのか、滑りにくくないか...など
思わず購入してみたくなり、落ち着かないわけ。

近日中に購入して、ぜひ試してみたい1枚。
...ですが、ネットでは1枚では販売してないようなので
楽器店にこの1枚だけを探しに楽器店巡りをしてみますか!

※参考サイト:「エラストマー」