アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

最新ピックアップシステム「ES2」を広く導入展開するTaylor 自信の表れだけでない良心

ライブでの安定したパフォーマンスを誇る
Taylor(テイラー)からまたまたニューモデルのニュース。

マホガニートップのミニギターに
最新ピックアップが搭載されたコチラ↓↓の

Taylor GS Mini-e Mahogany ES2 【新製品ギター】
価格:89100円(税込、送料無料)


 



「GS Mini-e MahoganyGS」というエレアコ。

Taylorにはベイビーテイラーというよりコンパクトな
シリーズがありますが、それよりも大きいレギューラーシリーズとの
中間的な大きさのサイズのモデル。
楽器とすれば、このサイズぐらいあった方が
色々な部分で無理はないでしょう。

先日もコチラのサイズでサイド・バック材がローズウッドの
モデル「GS Mini-e Rosewood ES2」について書きましたが
やはり特筆すべきは、Taylorがあらゆるモデルに対して

最新ピックアップ”エクスプレッション・システム2 / ES2

をどんどん採用しているということになるかと。

この「ES2」はコチラにも書いたように

ブリッジのサドルとピンの間に
ピックアップをブリッジ裏から、サドルに触れるように差し込まれたピックアップ。

メーカー側の自信度はこの怒涛の投入から十分理解できますが
果たしてユーザー側の評価はどうなのか?

概ねユーザーからは高評価のようで
特に後付けピックアップの比較されている方が
結局は、テイラーのエレアコが一番コスパ高いとおっしゃる方も。

また、何人かは弾き語り向きかな...との意見も。
これはナチュラルなサウンドであることや、
ボディアタックの拾いがもう一つと評価されている事からかも。

いずれにせよ上位モデルから採用されていた「ES2」を
裾の広く展開している今の状況は、ユーザーにとっては喜ばしい事。
いいものを、上位モデル・普及モデル関係なく導入してくれる
そんな姿勢も、Taylorの人気の秘訣かもしれませんね。