アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

自分が持っているアイテム「ZOOM H1」ニューバージョン登場のニュースに感じる本当の寂しさ

自分が所有しているアイテムの新製品発売のニュースを
見ると嬉しいような寂しいような。
...そんな思いって誰でもあるのではと。

それは、新しくなるという事は
自分が持っているアイテムより魅力的な新機能が
付随するからであり

「あぁ~もうちょっとあとにすればよかった」

と思っちゃうから。

まぁこれはいつ買っても同じ思いするので
欲しい時が吉日ってのも真実のはず。

と、そんな前置きをするのは
使っている「ハンディレコーダー ZOOM H1」の新バージョン発売
のニュースをみたから。


 

僕の所有しているのはコチラ↑↑。

実は僕が購入したすぐ後、この「ZOOM H1」はニューバージョンが発売。
この時は何がニューだったのか?

これはマットブラックの艶消し仕様になったというもの。
つまりは見た目とその素材感のみ。
この折にも、もう見た目しか手をつけられない程の完成度か?
なんて事を書いた記憶が。

で、今回のニューバージョンのニュース。

数量限定カラー!人気ミニハンディレコーダー H1ver.2 の青モデル ZOOM H1LU

青色の投入?...またしても色ですか?!

やはり機能的には完成形なのですね。
喜ばしいことです...ね、きっと。

先ほど、自分のもっているアイテムの新製品のニュースに

「嬉しいような、寂しいような」

という話を書きましたが、2回も続くと本当にすこし寂しいですね。

※参考サイト:数量限定カラー!人気ミニハンディレコーダー H1ver.2 の青モデル ZOOM H1LU