アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

パフォーマンスはチェック前もコストは良し 「Morris G-401」を常備してライブに備えたい

有難いことに月に一度、「本町ぽっぷ」さんでライブイベントを
させていただき、それはそれは楽しい時間を満喫してますが
少しだけ憂鬱になる事が。それが

通勤時にアコギを持っていくこと。

このイベントが金曜日でウィークディ。
となれば仕事の日であり、ライブ会場に入る前に
会社に持っていく必要が。

通勤電車にアコギを運ぶのは大変気をつかい
いつもより早めの出勤は当然ですが、
それでも押しつぶされないか気をつけながらの道中。

そんな理由もあって、以前から考えていた

置きギター

を少し検討していたところ、『置いてもいいよ』とはマスターの返答。

買うあての予算もそれほどない中
そんな言葉で探してしまうのが、アコギ好きの性(さが)。

当然店に置いておくわけですので
あまり効果なものは選択できず、あまり気を使わないもの
そして、便利なもの。
...となれば、以前も書いた事がある




「Morris G-401」
オール合板ですが、その分気を使わないでイイという点と
何よりもプリアンプを備えたエレアコであるという事。
何気に「Morris」の縦ロゴのヘッドもカッコいい。

これが実売3万円強ですから、随分とエレアコも安くなったものだと。
中々実店舗で見つける事ができないので、
ぜひ探し当てたい...そんなエレアコです。