アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

新素材ELASTOMER(エラストマー)を使用 Ibanezの少し分厚いくまろやかなピックを試したい

イチロー選手が、グラブやバットにこだわるように
レベルは違えど、アコギ弾き語りをするものとして

ピックにこだわりたい

という気持ちは常時あります。
だからこそゆえ、以前から色々な素材のピックを試したりしながら
自分に一番合うピックとは?を追い求め続けている気が。

そして出した答えが、
世に一番見かける「セルロイド製」のミディアムピック。
ストロークやアルペジオにおいても平均的に弾きやすいという事で
使ってまして、重宝しているのがこのタイプ。

というわけで、ピックの素材と弾きやすさや音の違いについて
非常に興味深いテーマとして考えてますが
今回触れておきたいのは、先日Ibanezから発売されたピック

『ELASTOMER(エラストマー) ピック』

Ibanez EL series Pick×10枚セット
価格:1620円(税込、送料別)


 

ピックの材料として初めて使用されるというELASTOMER(エラストマー)を使ったピック。
広告の説明にあるのは

「ピックノイズを減らし、音を丸めている」とのこと。

通常ピックと言えば、「Hard(ハード)」「Medium(ミディアム)」「Thin(シン)」
というように、ピックの厚さにより分けられてますが、このピック

2.2mmのHard、1.0mmのHard
2.2mmのSoft、1.0mmのSoft


の4種類で、ピックの厚さではなく
素材のアタック感でHardとSoftを分けているよう。

通常のピックとしては、厚さのあるピックですが

2.2mmのSoftで指弾きのようなタッチ
2.2mmのHardで柔らかいようなストローク

実現できそうで、ぜひ試してみたい。
購入したあかつきには、レビューしたいと思います!