アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギが倒れないように立てかける以外の価値で見極めたい コンパクト、軽量そしてアート

ギタースタンドは既に持ってまして
その利用用途は、ライブ会場等で使うのが主。

というわけで、何よりも重視している要素は
軽量でコンパクトであること。

市場には軽量コンパクトなギタースタンドが数多く
今持っているのより軽量なものをみると
欲しくなる病が発病するわけですが、
何とか踏みとどまってます。

ですが、軽量コンパクト以外に心打ちぬかれる
ギタースタンドを発見!


木製アコギ用スタンド。
アコギが木製であることから、マッチするのは当然ながら
ささえる部分がカーブしている部分がまたいい。
不勉強ながら、以前から大人気で
生産休止していたところ、熱い要望により復活したとのこと。

見た目のマッチングだけではなく
アコギを支える部分、触れる部分がゴムのような場合
アコギの塗装によくない場合も。

木製スタンド

ん~でも、やっぱり見た目のおさまり感が秀逸。
あまり自宅の部屋で、ギタースタンドにアコギをたてる事はしませんが
こちらのスタンドなら、その姿があまりにアートで積極的にたてたい感じ。

天然材のアコギを引き立てるには、もってこいのアートなスタンド。
確かに値段は張りますが、アート代として投資したいなぁ。