アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

今年の夏のテーマは、少しのニュアンスの響きを含んだコードの習得 ローオンリーからの脱却

これからギターを始めようかと考える方から聞かれたこと

「アコギもエレキも弾けるんですか?」

この質問の答えは
「Yes」とも「No」とも言えるわけですが
自分的にははっきりと「No」となります。

両者は同じギターではありますが
弾き方が異なるもの。ある方に言われたのが

アコギはいかに音を鳴らすか
エレキはいかに音を鳴らさないか

という事。なるほどと思う事はあります。

アコギを弾いている方を見てますと
エレキから入ったんだろうって方は何となくわかります。
そう気づく判断基準は「僕と異なる」部分。

そうかといって今更弾き方を変えようとは思いませんし
リードをバリバリ弾くって事もしないでしょうけど
積極的に覚えたいのは、

コード

僕もコードは確かに知ってますが
ローコードの一通りではなく、パワーコードやら派生コードを
覚えたい...そして使いたいという事。

それらのコードになんともいえない響きがあり
決まればカッコイイわけですが、
これが苦手であり、真似したい部分。

リードの速弾きはできずとも
少しのニュアンスを含んだコードバリエーションを使いたい...
今年の夏休みの宿題として、
秋の飛躍を目指したいと思います。