アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

安いアコギには安いだけの理由がある しかしそんなアコギの中にも光る部分もきっとある

先日楽器店でお手頃な価格なモデルを2本
試奏させていただいき、少し感じたこと。

究極を言えば、お手頃もっと直接的に言えば

「安いモデルは安い理由がある」

という事に。

それが作りだったり、材料だったりと
理由はそれぞれですが、その安い理由を理解しておけば
購入できるだという事。

今回は以前よりライブに気軽に連れ出すのによさげな

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Epiphone by Gibson Inspired by 1964 Texan 【限定タイムセール】
価格:35100円(税込、送料無料) (2016/7/19時点)


コチラ↑↑のEpihoneのTexan(テキサン)。

ピックアップがつけられたエレアコモデルで
生産国がインドネシア
眺めてみると、やはり作りの粗さが目につきます。

で、実際弾いてみますと...その生音といえば
薄っぺらい音というか奥深さが無い感じ

実際目に見えない音に対して、そのような表現で伝わるかですが
その前に比較した某国産メーカーの海外生産モデルと比較しても

差は歴然

ですが、これがアンプに接続してみると

「おおっ!」

という感じ。
(ただちょい耳障りな部分があり、Good と Not Badで意見は分かれると思います)

価格的に考えて、安い理由(この場合作りや生音でしょうか)が
理解しておいて、その見栄えやレジェンドのレプリカモデルであるという事
なによりエレアコとしては便利で重宝するってことで
やはり使えるアコギだと感じた次第。

さすがに、この価格帯ではすべてのシーンにおいて
秀逸なパフォーマンスは難しくても、
ある部分は使える...という意識であるなら選択肢になる

そんな事を感じながら、後ろ髪をひかれる思いで店を後に。

『専用器として、ん~やはり欲しいなぁ』