アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アイディ商品を送り出すPlanet Wavesのピック型チューナー 面白さだけでは主流になれぬ難しさ

アコギを始めた30年以上前と比較して
グッズ系で何が進歩したかといえば

チューナー

である事は間違いなし。

クリップチューナーは、多くの方に使われており
ライブなんかではほとんどの方が愛用。
本当にあのハーモニクスでチューニングするって姿を
めっきり見なくなりました。

さて今後はどのような進化を見せるのか。

多機能を求めるか、コンパクトな大きさか...。
各メーカーは頭を悩ませながら
次の一手を考えているんでしょうが、
面白いアイディアながら、スタンダードにならないものも。

例えば、面白いアイディア商品を送り出す
Planet Waves(プラネットウェイブス)のチューナー

なんとピック型のチューナーを数年前に発売。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Planet Waves PW-CT-06/S.O.S. Guitar Tuner
価格:3373円(税込、送料別) (2016/7/28時点)




このピック型のチューナーでピッキングした後
振動する弦のそばでそのライト動きによってチューニングするチューナー。

いや~これほど文字で説明の難しいアイテムはないですね。
ってことでメーカーからの紹介文をそのまま引用しますと...

2個のLEDライトを弦に直接照射して、弦の振動から音程を検知し
チューニングする画期的な高精度ギターチューナー。
チューニングがあってない状態で、2個の照射された光はそれぞれ上下に動きます。
チューニングが近づくに従って光の動きがゆっくりになり、
チューニングが合うと動きが止まります。
周りの音が大きい状態でも影響されず正確なチューニングが可能です。


これでもよくわからない方は、コチラ↓↓のデモ動画をどうぞ。



ようやく理解できたところですが、
見るからにチューニングが面倒というか、ピック型である理由というかが
わからなく悩んじゃいますね。
それゆえに主流になってないんでしょう。

一見面白そうに見えても、チューニングは繰り返しの作業。
手間が面倒なのは、面白さを凌駕できなかったようですね。