アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

固定したスタイルとアコギの位置なら ピックアップの空気感ではなくマイクという選択も

先日ライブでお世話になったお店の事。
こちらは弾き語り専門のライブバーという事で

楽器専用のマイク

が常設されている事を発見。

で、実際ライブでご一緒したアーティストのお一人が使用。
アコギとガットギターを使われてましたが

むちゃくちゃよかったです。

やはり音だけを考えるとマイクの方がいいです。

よく生音に忠実だとか、空気感を再現とか表現された
ピックアップがありますが、マイクからの音を聞くと

生音に空気感なんか、無い

という事に気づく次第。
あえて言えばそれっぽい音が空気感なのかも。

なにもブレンドされていない生音を表現するのは
やはりマイクどりなのを、改めて思い知りました。

弾き語りの場合は、エフェクトを使うよりも生音こそが
一番似合うスタイル。ならば一番はマイク。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SHURE SM57-LCE 【安心の正規輸入品】
価格:13284円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AUDIX/I-5オーディックス
価格:9980円(税込、送料別) (2016/8/12時点)


レコーディングでは、コンデンサマイクとなるのでしょうが
ライブでは取扱いに気を使わないコチラ↑↑の楽器用ダイナミックを
マイマイクとして会場に持ち込むのもありか。

が、しかし僕の場合は大きな問題が。

それは、スタンドのプレイであるという事。
アコギ位置が固定されるのが必要なのがマイク。
位置が動く立ちの方には、やや難しいか。

座りのプレイが基本の弾き語りの方。
あれこれピックアップに悩まれるのであれば
改めてこんなスタイルがいいと思うのですが、いかがでしょうか。