アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

正確なストロークやピッキングは滑らず指に吸い付いたピックから その二重対策に興味津々

先日ライブで弾き語りをしている際
それは結構ガンガンストロークをする曲だったわけですが
ピックが滑り落してしまった事が。

ピックは、大きさ・形、そして素材など
バラエティに富んでおり、自分にとって一番合うものは何か?
これは誰にとっても永遠のテーマなのではないかと。

以前自分にとって究極のピックを探そうと
色々の素材のピックを買い、弾きやすさや耐久性、さらには
音の違いを比較したことが。

その際は、はっきりとした答えが出せなかったわけですが
こと「滑りやすさ」に関しては、
素材による違いが分かりやすかった要素。

さて、この滑りやすさに関しては素材だけでなく
色々と工夫されているものがあり

・イボイボのついたタイプ
・穴のついたタイプ

などなど。

工夫はたくさんあれど、それを複数重ねたものは
なかなかお目にかかれないもの。そう安価なピックだけに。



がコチラ↑↑の「kusakusa88」のピック
穴により指を固定し、さらにはサンドプリントで滑りにくくしたピック。
二重の対策で滑りを軽減してます。

...いや軽減というか、もはや皆無のレベルか。

ちょうどピックの消耗がすすみ、補充しようかと考えていた頃。
この前滑ってしまったトラウマからか
二重対策が妙に気になるピックです。