アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

きっと違いの分かる人なんだろう...持っているだけでそう思っちゃうLARRIVEE(ラリビー)

以前から少し興味のあるブランドLARRIVEE(ラリビー)。



カナダ発のブランドの、伝統的、良質なスペック・良心的な価格という
イメージがまずありますが、何気に眺めていると
いいブランドだなぁと思っておりました。

見た目のインレイがいい...とか評判の良さもあり
ホントはどうなんだ?と思ってたところ、非常にまとまってよくわかるサイトが。

アコースティックギター ”現役講師のアコギ情報サイト”

コチラ↑↑のページを読んでますと

・鳴りを伝えるための薄いブレーシング
・会社自体が木材商なので良質な材を使っている
・インレイが美しい


という事が詳細に書かれてます。

インレイの美しさはともかく、前の2点に関しては
アコギ製作においては基本的な考え方で非常にシンプルな
ビジョンで製作されているのではと。

ただ、例えば薄いブレーシングなどは、
メンテナンス性において難しい部分もあるわけで

良いアコギを購入することはできても
良い状態をキープすることは難しい


って部分はなかなか進歩しないよう。

なんか、よく聞く人気ブランドのアコギを弾いているより
LARRIVEE(ラリビー)をさりげなく弾いている人の方が

数倍違いのわかる人

っぽく感じちゃうのは僕だけではないはず。

素直にカッコいいいブランドだと思います。

※参考サイト:「良いアコギのはなし」~Larrivee ラリビーはとても良いギター  最高峰モデルの試奏記も