アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

ストラップ装着方法について 弾いているその姿も大事なれど、きちんと弾けている自分が大事

ライブ時どのような弾き方スタイルか。

「立ち」「座り」

となり、僕の場合はほぼ「立ち」。

なので家で練習のほとんどは、立ってます。
さてこの「立ち」スタイルにも、二つの派閥が。それが

・ストラップをヘッドにくくるか
・ストラップピンを使って装着するか


前者が昔からあるスタイルで、後者がエレキギターのスタイルから
アコギに流れてきたようなスタイル。
ただ、ストラップピンをアコギに装着する必要があり
これが、結構面倒というか失敗ができないわけですが、最近では



コチラ↑↑のように、初めからストラップピンが
装着されているアコギが増えてます。
これはストラップピンに装着する人が増えているからでしょうが
その理由は、装着のしやすさだけでなく

見た目のスマートさ

と考えている方が多いのではと。

しかし大事なのは見た目より重要なのは自分にとっての弾きやすさ。
プロのアーティストの方でも分かれてますので、人それぞれ。
僕はストラップピンは

苦手

なのです。

あと苦手と言えば、若いアーティストの方に多い
ギターをかなり下のポジションにするのも、全くダメ。

自分が人にどううつっているのか...よりも
きちんと弾けるかというのが大事
なのは言うまでもありません。