アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

商品ラインナップが広がっているセミハードケース 高価格帯よりも定番価格帯を買いまわせ

市場に広がっているような気がするのは
数年前から比べて持ち運び用ケース。
ソフトケースやギグケースも増えてますが、とりたてて

セミハードケース

が増えているような感じ。

やはりソフトケースはもちろん、スポンジ状の衝撃パットが
備わっているギグケースでも心もとないのか。
僕の周りの方も多くが、セミハードケースを愛用されてます。

そんなセミハードケースですが
例えばライブに行った折は、よく同じものに遭遇し


コチラ↑↑のSKBのは定番中の定番で
何度もまたいろんな人がコレを愛用されていて
ライブの場所では間違いなんかも経験あり。

考えてみると、1万円以内のこの価格帯にすれば
頑丈でポケット類も使いやすく定番になるだけの商品力は充分。
...ですが、ポケット等のほつれが出てきて数年毎に買い替えが必須。
実際僕も背負う部分がほつれ買い替えを余儀なくされました。

SKB1択かと思われてましたが、同価格帯の1万円前後を
中心にさまざまケースがラインナップ。選択の余地が増えているよう。


またコチラ↑↑のような、高価格帯のセミハードケースも。
もうこの価格帯になれば、どのようなアコギを持ち運ぶ用か...と
悩みそうですね。

ただ、この高価格帯はそのケース素材やデザイン、
レインコートが付属など付加価値が多し

結論的に言えば、このセミハードケースの軽量を
実現するためには、素材などは限定され
持ち運びにハードに使用されるため、いたみやほつれは仕方なし
これは先の高価格帯ケースでも同様のはず。

やはりSKBの価格帯を数年で買い直しするってのが
一番安心してリーズナブルに持ち運びライフが過ごせるのではと。

で結局は、『次はSKBに戻ろうか』なと。
そう思わせるのがやはり定番なのでしょうね。