アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

激重ケースの買い替え検討 軽さを追及すべく木材製でなく強化プラスティック素材を検討中

先日購入した「YAMAHA L-10ES」に付属でついていた
GUILD製のハードケースが

大きくて重く

さらには、かなり古いこともあってダメージもあるため
新しくケースを購入しようか思案中。

K.YAIRIのハードケース
持ち運び用にHOSCOのウルトラライトケース


で、GUILDの超重超デカハードケース。

持ち運び用のケースはセミハードケースで
何年か利用していると使えなくなることもあるので
消耗品として割り切ってますが、
GUILDケースに変わるケースとしては

・ハードケースであること
・しかし軽量であること


という条件。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Grand Oply D-style ブラック アコースティックギター用ケース
価格:34560円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)


そうすると一番に思いつくのが、グランド オープリーのケース。
グラスファイバー素材のこのケースは軽量であり
なにより見た目もスタイリッシュ。
あと、ショルダーストラップ付で背負うことも可能。

ライブなんかで、稀にこのケースに出くわしますが
これを見ただけ「やられた感」を感じるほど。
気になるのは、何よりもその価格です。

そしてもう一つが

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAINBOW RCD-SA ABSハードケース アコースティックギター用
価格:9234円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)


ABS樹脂製のコチラ↑↑のケース。
これは見た目は先のケースに劣るとしても
従来の木製ハードケースより耐衝撃性に優れ軽量ですので非常に魅力的。
他社でもこの素材のケースはありますが
ほぼ木製ケースと同等価格で販売されているよう。

アコギは当然ながら天然木材製ですが
ケースは軽量&丈夫さを手に入れるため
強化プラスティック系ケースにしようかと考え中。

...しかしもともと化学は大の苦手なので
素材の説明分を読んでも「まったく理解不可能」。
結局はコストバランス勝負での検討となりそうです。