アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHAのアコギには、YAMAHA製? 弦だけではなくカポタスト...お前までもそうなのか!

先日新しい愛器「YAMAHA L-10ES」でライブを経験
非常に弾きやすく、また気持ちよい音の中で
弾き語りができました。

ただ困った点というか、改善したい点というのが
1点だけあります。
...まぁこれは練習の時から少し感じていたんですが

カポタスト(カポ)

です。

今まで絶大な機能で使っていたPlanet WavesのNS Capo。

 



これエースのYW-1000にしろ、YW-K13-MAPにしろ
ばっちりだったにもかかわらず、このYAMAHA L-10ESは
それらと比較して太目のネックのせいなのか、ネックのRが違うのか
押弦がちょっと弱い感じに。

練習なんかではほんの少しの違和感も
ライブでのアドレナリン放出状態では、ピッキングも激しいのか
ビビりを感じます。

『これではいかん!』

と感じ。L-10ESに合うカポを早速検討中。

使った事があり、もう一つ使い勝手がよくないと思いながらも

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YAMAHA / CP-200 ヤマハ ギターカポ《予約注文/納期未定お取り寄せ》
価格:3035円(税込、送料別) (2017/3/13時点)



コチラ↑↑あたりが候補か。
このカポは愛用者が多く、また愛用者の方が
長年使用しているレポをよく見るので、合う人には合うのでしょう。

さて、話は変わり以前YAMAHA弦の話をした際

「YAMAHAのアコギに合う弦ではないか?」

という説を書いた事がありますが、果たしてカポも同じなのかも。

「YAMAHAのアコギに合うカポではないか?」

ひょっとして長年使用している方がいらっしゃるのは、

人に合うのでなく、YAMAHAアコギに合っている

のかも。一度試すか、それとも別を探すか...。
もう少し悩んでみようかと思います。