アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

数年前「K.YAIRI YW-K13-MAP」を購入するきっかけとなったアコギ メイプルへと導いたモデル

何度か書いた事があるかもですが

緑色が好き

なんです。すみません。どうでもいいですね。

Gibon(ギブソン)って所有した事が無いですし
あまり自分に身近に感じるブランドではないですが



緑色は身近に感じちゃいますね。

SJ-200Gibsonの代表的なモデルで
そのエメラルド色した限定バージョン。
ピックアップとして、L.R Baggs Anthem(アンセム)がおごられ
見た目のインパクトだけでなく、使い勝手のよい
モデルとなっているよう。

SJ-200って好きなモデルで
やはりメイプル材が使われているってのがその理由。
メイプル材って見た目の美しさと
なにか「ギュイーン」とした音を連想します。

ところで所有している「YW-K13-MAP」
これ社会人20年目の自分へのご褒美として
購入したんですが、当時はMartin(マーティン)はじめ
色々品定めをしていた時に、「SJ-200」を弾くことがあり
その際の「ギュイーン」に

『メイプルっていいやん!』

と。以来しばらくメイプル材のアコギを探して
そして辿り着いたという逸話(?)があったりします。

で、楽器店で「YW-K13-MAP」を弾いた時に
「ギュイーン」を感じ

blog_import_509d25b9c11b5.jpg

この木目の美しさも手伝って購入となったわけですが
そのきっかけが「SJ-200」だったのです。