アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHA独自のドレッドシェイプに騙された?! 音よりも思い出よりも見た目重視の失敗談

気がつけば家にあるアコギといえば
ドレッドノートばかり。

僕のアコギプレイって弾き語り一本なので
アコギに求める範囲っていうのが狭いので
色々なタイプが必要ってわけでもないですが
それにこのシェイプは大好きです。

さて初めて購入した「YAMAHA FG-300D」
これ手放してしてまって、今が残念で仕方ありませんが
当時はそのシェイプゆえに手放そうと思ったアコギ。

FG-300D_20091230.jpg

コチラ↑↑が手放す前に撮影した「FG-300D」ですが
微妙にMartin(マーティン)のドレッドノートとは異なります。

YW1000_odyssey.jpg

コチラ↑↑がいわゆるドレッドノートシェイプの「YW-1000」。

見比べれば、肩幅が狭くくびれが大きい「FD-300D」。
いわゆるヤマハドレッドノートと言われるこのシェイプが
Martinドレッドノートシェイプと比較して、
僕は若干のアンバランスを感じます。

と、音でもなく...そして初めて買ったアコギという思い出を
捨ててまで、手放してしまったわけ。

しかしながら、見た目の好き嫌いは変わらないながら
手放した今、猛烈に後悔。反対の意味で

「見た目に騙された」

という...文字通り取り返せない思い出です。