アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

アコギストラップを選ぶ際のチェックポイントは柄と素材 その素材はあの部分もこだわりたい

一瞬「ネクタイか?」と思わせる写真。

LEVYS-2017New

LEVY’S 2017年の新作ストラップです。
88種類の新作ということで、チェックするのも大変。

さてLEVY’Sのストラップは好きで2種類持ってて
どちらも今も愛用してますが、今回はその一つ


コチラ↑↑のストラップの話。

このストラップはご覧のようにループ形状ではなく
ストラップピンが無い場合は、ヘッドに紐で括り付けるタイプ。
僕もそのように使っていましたが
あるライブ前に別のアコギに装着する際、



コチラのストラップボタンでヘッドをループにし
ボタンを先ほどのストラップに装着することに。早速そうしようと試みると

『かっ...固い...』

そう。上記のストラップの「L」の文字が燦然と輝く
穴の開いた黒色の部分(おそらく合皮)がおそろしく固いのです。

穴が開いていますが、この穴にボタンを入れるのが
固くてできず...苦しみながら、そしてニッパーで穴に切り込みをいれて
さらに指でギューギューしながらなんとかボタンを押し込めた次第
もう指先に力を入れすぎたり、指がゴシゴシしたりで
その後のライブのプレイに支障がでるのでは...と思ったほど。

ストラップの選択は大よそ見た目で決めるモノ。
あとは肩に触れる部分の素材ですが、あらためて言いたい。

『ピンをつける穴の部分の素材と硬さ』

これにもこだわってほしい!と。

何といってもピンが抜けやすければ、アコギを落としかねませんし
固ければ、先のような事態になりますので(笑)。

※参考サイト:LEVY’S 2017年の新作ストラップがドドンと88種類!