アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

YAMAHAの最新技術をまとったアコギ、郷愁を持ち合わせたシンプルなアコギ 弾いて感じた示唆

やはりと言うか当然と言うか、YAMAHA(ヤマハ)がトランスアコースティックギターのラインナップを拡大させているよう。

www.ikebe-gakki-pb.com

ドレッドノートスタイルのナチュラルカラーのみのラインナップから、サンバーストカラーやフォークサイズのFSボディなどを新たに投入とのニュース。

トランスアコースティックギターの原理って難しいので、公式ホームページを見ていただきたいところですが、弦の振動を電子信号へ変換し、その信号をボディに振動を与える「加振器」へ伝えエフェクトをかけるという原理。

音を電気信号によりエフェクトするのでなく
電気信号によりボディを振動させる

という事で音自体は、ナチュラルとのこと。

コレ何度書いても難しくうまく表現できずすみません。

ただ効果に関しては、レギュラーモデルの価格差と付加価値を比較した場合は

『不要かな?』

ってのが現時点の僕の評価ははっきりしてて、将来の熟成を期待している次第です。

さてこのようなギミック機能に目が行きがちですが、機会があって最近僕が始めて買ったアコギであります

YAMAHA FG-300D

を弾く機会が。このモデルは80年代前半の定価3万円の総合板アコギ。ですが、

鳴る鳴るって感じ

でシンプルでお手頃な価格帯でありながら、当時の浜松工場生産の実力に関心した次第。当然当時のノスタルジックな思いがプラスってのもありますが。

新しい技術もいいでしょう。ですが、アコギのような楽器はシンプルで丁寧な作りが最も合っていると思ったのが試奏した感想。色々と示唆のあった試奏でした。

その示唆...一番思った事は

『YAMAHA FG-300Dが欲しい~』

ってことは言うまでもありませんが (^_^;)