アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

しっくり感を確かめたい 音や弾きやすさが見極めれなくてもアコギ購入にはぜひ実物を

人それぞれのお考えがあるので、いい悪いって話ではないですが、自分とは違うなと思う事はあります。

先日某楽器店へ消耗品を購入しようと行った際の話。新品だけでなく中古のアコギも販売されているお店。店員さんがアコギを抱えながら電話をされている様子。聞けば、抱えているアコギについての問い合わせ中のよう。

耳を澄まして聞いていると、主にコンディションを確認しているようで、傷がどの程度目立つのか、大きさなどを店員さんが回答。そんな問答を繰り返すうちに

「ありがとうございます」

の一言が。めでたくご購入のよう。でさらに「いつもありがとうございます」とも。その話しぶりから、電話先の方がかなり離れている地区にお住まいにしてお得先のようで既に何台が購入済みという事が発覚。

『弾かずに、状態を確かめただけで何台も買うんや』

という事に素直に驚きでした。1回の衝動買いならともかく。おそらくコレクターの方なんでしょうね。そのような楽しみ方があるのも理解してますので、その方自体の行動にどうこう言うつもりはありません。

ただアコギ購入を検討している方に聞かれた際に言う事といえば

「実物を見て、触ってみる事」

ということ。音色の違いなんてわからない...とか、ほとんど弾けない...って方もいらっしゃりますが、絶対見て触ってを強調します。これ不思議な事に

実物を身近にした時しっくりくるものってわかる

ような気がするから。これは僕の過去を振り返ってみてもそう。同じ型式のアコギであっても微妙に違うものですし、実物と自分とのマッチングって絶対して欲しい工程です。

とそんな力説を頭を巡らせながら、消耗品を手に持ち電話が終わるのをじっと待ってました。

で、購入した消耗品


 

コチラ↑↑のギターポリッシュ。なぜ実物を見て買ったかというと、マッチングをするためんでもなんでもなく単に

ネットより安かった

からですけど(^_^;)。