アコギな誘惑、無限の弾き語り

アコギで弾き語りをしている「ふじみき」です。 アコギや弾き語りにまつわる事を色々と書いています。

いったいこいつの正体は?フジゲンが送るエレキのようでクラギのようなアコギ

あのフジゲンからアコギが発売されたとのニュースが。

良質なエレキを送り出している国産ブランド「フジゲン」
そんな事もあってか、このモデルのコンセプトは
エレキギターからの持ち替えでもストレスのない弾きやすさ

だそうで、その仕掛けがネックジョイント部を工夫してハイポジションのプレイアビリティの向上をはかったとのこと。どちらかと言えばエレキギターの2本目との位置づけと考えれるかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FUJIGEN FGN Acoustic AG2-NTF
価格:140400円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)


見ればオーソドックスのように見せかけて、特徴的。
なかなかいい感じではないでしょうか。

さてフジゲンと言えば、某島〇楽器オリジナルブランド「HISTORY」を製作しているとかの噂を聞いた事がありますので、この

エレキギターから持ち替えでもストレスのない弾きやすさ

を実現したこのモデルは良質だと想像します。

今回ラインナップは2モデル。上記のトップがスプルース、サイドバックがローズウッドの定番スペックのモデルと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FUJIGEN FGN Acoustic AG1-NTF
価格:135000円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)


コチラ↑↑のトップがシダー、サイドバックマホガニーのモデル。
まったく正反対のキャラを狙ったような商品展開です。

で、少しウケたのが

クラシックギターのようなプレイをするのにも向いています

との商品紹介文。

エレキギターから持ち替えても弾きやすく
クラシックギターのようなプレイに向いている


とは凄いモデルです(笑)。
単なる宣伝文句か、どうなのか。仮に宣伝文句とするならば、逆に

どっちつかずのキャラクター

を浮き彫りにしているように思うのですが、いかがでしょう。

※参考サイト:エレキの老舗「フジゲン」が作る本気の逸品 ~エレキのように弾くアコギ~